CCSサポート株式会社 0570-064-540 お問い合わせ時間 平日10:00〜16:00
    サポート > 全般・基本操作など > データファイルの年次更新の操作方法

    データファイルの年次更新の操作方法

    ■最終更新日:2021/01/05
    ■製品名:令和3年版 CCS給与計算

    @ソフト起動時に更新メッセージが表示された場合

    (1)「旧年版データが1ファイル(1社)のみ」かつ「新年版のデータファイルがない」場合は、 新年版ソフトを起動すると自動的に以下のデータファイル更新のメッセージが表示されます。更新を行う場合は「今すぐ更新する」ボタンをクリックしてください。


    (2)「今すぐ更新する」ボタンをクリックすると令和2年(2020年)用のデータフォルダが開きますので、更新するファイルを選択して「開く」ボタンをクリックしてください。




    (3)データ更新の確認画面が表示されますので、更新を行う場合は「はい」をクリックしてください。




    (4)取り込むデータ及び、従業員番号の空きを詰めるかどうか指定してOKボタンをクリックしてください。



    ・支払を受ける者:初期チェック「あり」
    税理士や公認会計士、または講演料を支払った講師など、支払調書作成の対象となる支払を受けた者の氏名や住所等のデータを引きつづき使用する場合はチェックを入れてください。

    ・報酬・料金・契約金・賞金の支払調書:初期チェック「なし」
    昨年作成した「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」のデータを今年もそのまま使う場合はチェックを入れてください

    ・不動産の使用料等の支払調書:初期チェック「あり」
    家賃など、不動産の使用料の支払調書データを今年もそのまま使う場合はチェックを入れてください。


    ・「社員番号の空きを詰める」:初期チェック「あり」
    チェック欄で、退職者等の欠番(前年の退職者、または氏名が空欄の従業員)を年次更新時に詰めるかどうかを指定できます。


    (5)以上でデータファイルが更新され、同じファイル名の令和3年用のデータファイルとして 「DataR03」フォルダに保存されます。(ファイル名に旧年度を表す数字が含まれていてもチェックせずに新年度でそのまま使いますのでご注意ください)




    A年次更新手順(複数の会社のデータを処理している場合)

    (1)メインメニューの[バックアップ・その他設定]をクリックします。
    ※会社のデータファイルを開いた状態からは、年次更新ができませんのでファイルを閉じてからやり直してください。



    (2)前年データの更新の[実行]ボタンをクリックします。



    (3)更新を行う場合は「はい」をクリックしてください。




    (4)令和2年(2020年)用のデータフォルダが開きますので、更新するファイルを選択して「開く」ボタンをクリックしてください。



    (5)更新を行う場合は「はい」をクリックしてください。


    ※過去に更新を行ったデータファイルを開くと下図のような画面が表示されます。



    (6)取り込むデータ及び、従業員番号の空きを詰めるかどうか指定してOKボタンをクリックしてください。


    ・支払を受ける者:初期チェック「あり」
    税理士や公認会計士、または講演料を支払った講師など、支払調書作成の対象となる支払を受けた者の氏名や住所等のデータを引きつづき使用する場合はチェックを入れてください。

    ・報酬・料金・契約金・賞金の支払調書:初期チェック「なし」
    昨年作成した「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」のデータを今年もそのまま使う場合はチェックを入れてください

    ・不動産の使用料等の支払調書:初期チェック「あり」
    家賃など、不動産の使用料の支払調書データを今年もそのまま使う場合はチェックを入れてください。


    ・「社員番号の空きを詰める」:初期チェック「あり」
    チェック欄で、退職者等の欠番(前年の退職者、または氏名が空欄の従業員)を年次更新時に詰めるかどうかを指定できます。



    (7)以上でデータファイルが更新され、同じファイル名の令和3年用のデータファイルとして 「DataR03」フォルダに保存されます。(ファイル名に旧年度を表す数字等(令和2年など)が含まれていても新年度でそのまま使いますのでご注意ください)




    B旧年版データファイル(平成31年分)を呼び出して更新・
    「CCS年末調整・法定調書」のデータを更新する場合

    (1)メインメニューの「データ呼出」ボタンをクリックします。


    (2)呼出を行う場合は「はい」を、中止する場合は「いいえ」をクリック




    (3)ファイル選択ウィンドウが開きます。この時に表示されているフォルダ(ファイルの場所)は、令和3年(2021年)用のデータ保存フォルダです。令和2年版や平成31年版のデータはこのフォルダには入っていませんので、旧年版データフォルダへ移動するには「CCSKyuyo」をクリックしてください。



    ※CCS年末調整・法定調書のデータファイルの場合
    平成31年版「CCS 年末調整・法定調書」単品ソフトをご利用で、今回「CCS給与計算」にデータを移行される場合は、上図赤枠左側の「ccs」をクリックした後、「Nencho」フォルダ→「DataH31」の順にフォルダを開くと平成31年版(令和1年)で作成したデータが表示されます。

    (参照先)C:\CCS\NENCHO\DataH31\



    (4)「CCSKyuyo」フォルダが表示されます。
    令和2年(2020年)データを更新する場合は「DataR02」フォルダを、平成31年データを更新する場合は「DataH31」フォルダを左クリックで選択して「開く」ボタンをクリックしてください。




    (5)旧年版データの保存されているフォルダが表示されたら、更新したいファイルを選択して「開く」をクリックしてください。




    (6)更新を行う場合は「はい」をクリックしてください。




    ※過去に更新を行ったデータファイルを開くと下図のような画面が表示されます。


    ※更新できないファイルを開いた場合



    (7)取り込むデータ及び、従業員番号の空きを詰めるかどうか指定してOKボタンをクリックしてください。


    ・支払を受ける者:初期チェック「あり」
    税理士や公認会計士、または講演料を支払った講師など、支払調書作成の対象となる支払を受けた者の氏名や住所等のデータを引きつづき使用する場合はチェックを入れてください。

    ・報酬・料金・契約金・賞金の支払調書:初期チェック「なし」
    昨年作成した「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」のデータを今年もそのまま使う場合はチェックを入れてください

    ・不動産の使用料等の支払調書:初期チェック「あり」
    家賃など、不動産の使用料の支払調書データを今年もそのまま使う場合はチェックを入れてください。


    ・「社員番号の空きを詰める」:初期チェック「なし」
    チェック欄で、退職者等の欠番(前年の退職者、または氏名が空欄の従業員)を年次更新時に詰めるかどうかを指定できます。



    (8)以上でデータファイルが更新され、同じファイル名の令和3年用のデータファイルとして 「DataR03」フォルダに保存されます。(ファイル名に旧年度を表す年号(令和2年など)が含まれていてもチェックせずに新年度でそのまま使いますのでご注意ください)