CCSサポート株式会社 0570-064-540 お問い合わせ時間 平日10:00〜16:00

HOME会社概要製品一覧購入申込サポートサイト内検索サイトマップリンク


Excel(Office)2003,2002(XP),2000 SP-2 (サービスパック2)での セキュリティ設定について


《重要》Windows XP / Microsoft Excel2003対応中止について
Excel2003・WindowsXPにつきましては、平成26年4月でMicrosoft社のサポートが終了しておりますので、従前よりお知らせさせていただきましたとおり、平成28年4月発売予定の製品よりExcel2003への対応を中止させていただく予定となっております。

大変申し訳ございませんが、ご理解、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
(各ソフトの動作環境につきましては、製品ページにてご確認ください。)


Excel(Office)2003,2002(XP),2000 SP-2 (サービスパック2)のインストールされているコンピュータで、初めて弊社ソフトウェアをお使いになる場合、Excelのマクロについてのセキュリティ設定のため、以下のようなメッセージが出てマクロが動作しない場合があります。このブックにあるマクロは、セキュリティレベルが高に設定されており、デジタル署名されていないか・・
  • (シート上のボタン等をクリックしても反応しない、または「このプロジェクトのマクロは無効に設定されています」というメッセージが表示される)
  • これは上記のバージョンのExcelでは、マクロについてのセキュリティの初期設定が「高」になっているために起こる現象で、旧バージョンのExcelからアップグレードを行った際にも同様に発生します。 この場合は以下の手順にてセキュリティ設定を変更してご利用ください。
  • なお、この設定変更はインターネット接続時などコンピュータ全体のセキュリティレベルを下げるものではありません。 詳細についてはExcelおよびInternet Explorerのヘルプをご覧下さい。
    1. Excelを起動する
    2. Excelのメニューを「ツール(T)」→「マクロ(M)」→「セキュリティ(S)」の順にクリックする

      セキュリティ 設定手順

    3. 「セキュリティレベル」を「高」から「中」(従来の設定)に変更する (「低」でも動作しますが、マクロにウィルスが含まれている場合でも自動的に実行されてしまいますのでお勧めしません)
    4. 「OK」をクリック
    5. Excelの「ファイル(F)」メニューから「終了(X)」を選択して、いったんExcelを終了 (必ず一旦Excelを終了させてください。シート上のボタンはこの段階では動作しません) 「変更を保存しますか?」というメッセージが出た場合は「いいえ」を選択してください。
    6. 再度ソフトウェアを起動、「マクロを有効にする(E)」を選択